【香りの原料】ゼラニウム【解説記事】

【香りの原料】ゼラニウム【解説記事】香りの原料
香りの原料

香りの雑貨ブランド「Ph.fume」のブログ、香りの原料について紹介していくシリーズ記事です。

このシリーズでは香料の原料となる動植物やその精油について、以下のことを紹介していきます。

  • プロフィール
  • 精油について
  • 心身への働き
  • 使用している商品

今回は、ガーデニングでよく見かけるゼラニウムについて見ていきましょう。

プロフィール

ゼラニウム
英名Geranium
学名Pelargonium graveolens
Pelargonium odoratissimum
科名フウロソウ科
種類多年草
産地フランス, レユニオン島

ゼラニウムはガーデニングで育てられることが多いみたいだよ!

ゼラニウムは、その愛らしい見た目とよい香りを持つことからガーデニングで人気のある植物の1つです。

また、ゼラニウムには虫除け効果があると考えられており、特にヨーロッパではゼラニウムを窓辺に飾る習慣があります。なので、ヨーロッパ住宅地の風景画に描かれる窓辺の花はゼラニウムという話もあります。

赤・ピンク・白をはじめとした様々な色の花をつけるので、飾ると空間に彩を与えてくれる植物ですよ。

精油について

抽出法

ゼラニウム精油
部位
抽出法水蒸気蒸留法

精油のイメージ画像は花だけど抽出に利用するのは葉だよ!

成分

ゼラニウム精油の成分

バラとよく似ている成分比よ。

葉を用いて抽出を行うゼラニウムですが、精油の成分はフローラルな香りを持つ成分が大半を占めています。

シトロネロールは少し脂っぽい風味を持つバラの香りを、ゲラニオールは甘くシトラスの要素も持つバラの香りを持つとされています。

なので、ゼラニウムはバラの香りによく似た香りと例えられることが多いです。

しかし、その中でも精油に少量含まれるミントのような香りを持つメントンなどによってバラとは少し違う香りになっているのです。

バラ精油のかさましに使われることがあるから注意よ!

香り

ゼラニウム精油の香りは……

主観でいうと……
少しスパイシーでハーブのような風味を持つバラの香りだよ!

バラと似通った成分を持っているだけあって、ゼラニウム精油の香りの中枢はバラのような香りです。

しかし、その中に少しだけスモーキーハーバルな風味を感じます。

しかし、人によってはこのスモーキーさを強く感じてしまう場合もあり、やはりバラとは少し違う香りと感じる場合が多いでしょう。

香水では花に多いミドルノートとして利用されるわ。

文字だけで伝えるのは難しい香り……興味を持っていただけましたら、ぜひゼラニウムの香りを軸にした香粧品を手に取ってお試しください。

心身への働き

こちらで紹介する作用はアロマセラピーを適切に行った場合に期待できるものです。
ゼラニウム精油を用いた物品がこれらの作用を持つと保証するものではありません。

心への働き神経バランス調整, 鎮静, リフレッシュ
身体への働きホルモンバランス調整, 皮脂バランス調整 など

色々なバランスを整える作用を持っているわ。

ゼラニウム精油は強い香りを持っているので、アロマセラピーでは少量からはじめるのがよいとされています。

使用している商品

・Blue Rose

タイトルとURLをコピーしました