【香りの原料】ラベンダー【解説記事】

【香りの原料】ラベンダー【解説記事】香りの原料
香りの原料

香りの雑貨ブランド「Ph.fume」のブログ、香りの原料について紹介していくシリーズ記事です。

このシリーズでは香料の原料となる動植物やその精油について、以下のことを紹介していきます。

  • プロフィール
  • 精油について
  • 心身への働き
  • 使用している商品

今回は香粧品の中でとても幅広く使用されているラベンダーについて見ていきましょう。

プロフィール

ラベンダー
英名Lavender
学名Lavandula angustifolia
Lavandula officinalis
科名シソ科
種類低木
産地フランス, イギリス など

なんとラベンダーはシソ科の植物だよ!

ラベンダーはアロマ関連の雑貨にとても広く利用されている植物で、香水などの香粧品にはなくてはならない存在です。

花の印象が強いラベンダーですが、ミントなど葉っぱの印象が強いシソ科に分類されます。

ラベンダーの持つ香りと心身への働きは多くの人々を魅了し、アロマセラピーというものの研究開始のきっかけになったほどです。

ちなみに北海道に観光名所のラベンダー畑があるわ。

精油について

抽出法

ラベンダー精油
部位葉・花
抽出法水蒸気蒸留法

花だけじゃなくて葉っぱも抽出に使うよ!

成分

ラベンダー精油の成分

ザ・花って感じの成分比ね。

ラベンダー精油の大半を占めるl-リナロールと酢酸ベンジルは代表的なフローラルの香り成分です。

l-リナロールはウッディなラベンダーの香りを、酢酸ベンジルはシトラス感のあるラベンダーの香りを持つとされています。

ラバンジュロールはラベンダー精油に特徴的な成分で、これもラベンダーのような香りを持つとされています。

って香りが代表的過ぎて例えが全部ラベンダーのような香りじゃない!

香り

ラベンダー精油の香りは……

主観でいうと……

シソ科特有のスッキリ感と花の甘い香りが調和した上品な香りだよ!

シソ科という特徴をこれ以上なく表現した香りですね。

清涼感とまではいかないにしてもスッキリとした香りと花の甘い香りがうまく調和しています。

しかし、人によっては鉄のような不快な香りを感じることがあり、それを抜きにしてもラベンダー自体少し癖のある香りなので調香の際には少し取り扱いが難しい香りの印象があります。

ラベンダー単品の香りはかなり好き嫌いが分かれる印象だね。

香りが揮発するのに少し時間がかかるから香水ではミドルノートとして利用されているわ。

文字だけで伝えるのは難しい香り……興味を持っていただけましたら、ぜひラベンダーの香りを軸にした香粧品を手に取ってお試しください。

心身への働き

こちらで紹介する作用はアロマセラピーを適切に行った場合に期待できるものです。
ラベンダー精油を用いた物品がこれらの作用を持つと保証するものではありません。

心への働き神経バランス調整, 鎮静, リラックス
身体への働き抗菌, 血圧低下, 皮膚細胞成長促進 など

強力なリラックス効果を持っているわ。

似たような心への働きを持つマジョラムと併せて使用することにより、相乗効果が期待できるとされています。

使用している商品

・Velvety Lavender

タイトルとURLをコピーしました